高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

IPO投資には岡三オンライン証券が最適である理由

f:id:XmaS:20190130211950j:plain

IPO投資について

IPO(新規公開株)とは、株式を売り出し、誰もが取引できる状態にすることです。

投資家はあらかじめ証券会社に買い付けを申し込み、抽選の結果、当選できたなら株主になることができます。

IPOに当選すれば、買い付け手数料がかからないうえ「公開価格」で株を買うことができます。

ほとんどの場合、上場日に初めてつく値段「初値」より「公開価格」が低いので、初心者でも簡単に儲けることができるのです。

IPO投資で勝てる確率は「8割~9割」とも言われています。

 

投資家にとって、この高い勝率は非常に魅力的です。

そして、勝率の高さに加え、もう一つの魅力は短期間で利益が出せることです。

 

例えば、去年上場したメルカリ(4385)の場合、公開価格は3,000円、初値は約5,000円でした。

100株当選していれば元本30万円が、上場日の朝には50万円になったということです。

 

 

IPO投資、唯一にして最大の弱点

「それならIPO投資だけしてれば無限に稼げるのでは?」

そう上手くはいきません。

IPO投資のみで億万長者になる可能性なんて、私がL'Arc〜en〜Cielへ5人目のメンバーとして加入するレベルの確率と言えるでしょう。

 

…それはなぜか?

 

当たらないからです。


先ほど例に出しました「メルカリ(4385)」は、200倍を超える超高倍率であったといいます。

IPO投資は高確率で短時間に利益を出すことが可能ですので、非常に多くの方々が応募をします。

いったいどうすればIPOに当選し、利益を出すことができるのでしょうか?

 

 

IPO投資を成功させるために

IPO投資で勝つためにするべきこと、それは「当選確率を上げること」です。

たくさんの証券口座で抽選に参加すればよいということになります。

しかし、そこで問題になってくるのは資金の問題。

基本的に、IPOに参加するためには、公開価格の資金を証券会社に入金しておく必要があります。

この預けておく資金ですが、当選しなければ当然利益を生みません。

外れれば運用益はゼロになります。

これでは機会損失です。

そもそも、いくつもの証券会社に預けるための資金を用意できない場合があるでしょう。

 

その問題を解決するのが です。

なんと岡三オンライン証券は、事前の入金が必要ありません

 

公式ページ:

 

岡三オンライン証券の「IPO」の特徴

特徴01

IPO申込時の事前入金は不要!

岡三オンライン証券では、IPO申し込みのための事前入金が不要です。

多くのネット証券では申込時に買い付け分の資金の入金が求められる「完全前受制」となっています。

しかし、岡三オンライン証券では口座に資金がなくても申込むことができるのです。

岡三オンライン証券で応募をしておき、もしIPOに当選できたなら入金をすればいいということです。

非常に資金効率がよくなります。

 

特徴02

申込・購入手数料は0円!IPOでは購入手数料は0円!

申込手数料ももちろん不要です。

事前入金が不要なうえ、購入手数料も0円なので、個人投資家にとってとても利用しやすい口座であるといえるでしょう。

 

 

楽天・SBIに加え、岡三オンラインの口座も持っておこう

ネット2大証券である楽天証券やSBI証券をすでに開設している人は多いでしょう。

それに加え、資金的な負担を増やさずにIPO抽選に参加できる岡三オンライン証券は、ぜひ開設しておくべきです。

 

通常の取り引きの手数料 

IPOは岡三オンライン証券が圧倒的に有利であることがわかりましたが、通常の取引手数料はどうでしょうか?

2017年12月25日から「定額プラン」の手数料が新しくなりました。

1日の約定代金合計20万円までは、手数料が無料です。

そう、一日の取引を20万円以内におさめるならば、手数料は一切かからないのです。

(ちなみに、楽天証券の同様のコースでは1日の約定額の合計が10万円まで無料です。岡三オンラインならば、手数料無料で2倍の取引ができます。) 

f:id:XmaS:20190130194300j:image

(岡三オンライン証券公式サイトより 2018年1月現在)

 

詳しくは、下記の公式ページをチェックしてみてください。