高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

【ABBV】アッヴィを新規購入

f:id:XmaS:20190125211902j:plain

【ABBV】アッヴィを新規に購入しました

Xmas船長「今日からうちの船に乗ることになった、ABBVことアッヴィだ。

アッヴィは世界的な製薬会社である。きっと我がポートフォリオを力強く支えてくれる存在となることだろう。ほら、挨拶なさい」

 

アッヴィ「オレ、ニンゲン、キライ…」

 

Xmas船長「うむ。みんな、仲良くやるように。」

 

こうして、資本主義という大海原をゆく私の船に、新たな仲間が加わったのでした。

 

(※アッヴィのキャラ設定はフィクションです。実在のアッヴィの企業理念や業績などには一切関係はありません。)

【ABBV】アッヴィについて

アッヴィは製薬会社なので、ヘルスケアセクターに分類されます。

ニコチンまみれの私のポートフォリオを、ケミカルに洗い流してくれることでしょう。

下の図は、アッヴィの5年間の株価推移です。

f:id:XmaS:20190125183940j:image

配当利回りは4.9%(税引き前)で購入しました。

連続増配銘柄ですので、さらなる利回りの上昇と、それに伴った株価の上昇を期待します。

 

アッヴィの留意点

注視すべきは、稼ぎ頭である「ヒミュラ」の特許切れ問題です。
アッヴィ売り上げの6割ほどを占めるヒミュラは、2023年に特許が切れます。

もちろんこれは、アッヴィにとってはポジティブなニュースではありません。

しかし、ヒミュラの米国内での特許は2016年に切れています。

それでも業績は伸び続けているのですから、必要以上に悲観的になる必要はないのではないでしょうか。

 

 アッヴィに期待すること

今アッヴィに求められるのは、ヒミュラに代わる新たな稼ぎ頭となる新薬の存在でしょう。

実際に、新薬の開発も進めているようです。

(2018年の初め、新薬の認可が下りず株価が下がりましたが…。

この新薬が承認されることに期待します。)