高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

【止まらない円高】10年ぶりの下落速度

 

「おい!しっかりしたまえ!」

 

イキっていたスワップ投資家「・・・」

 

返事がない。ただの屍のようだ。

 

 「誰か!維持率に余裕のあるものはいないか!?」

 

地獄絵図とはまさにこのこと。

あたり一面焼け野原。死と硝煙、血と炎の香り。

 

それは一瞬のできごと。神の一撃と呼ぶにふさわしい。 

f:id:XmaS:20190103140349p:image

 

この暴落に居合わせた猛者たちは 

前半のチャートの上げ下げを 口をそろえてこう呼ぶーーー

「あの海は”楽園(パラダイス)”だった」

 

 

豪ドルが10年に一度の速度で下落

2009年ぶりの下落らしいです。

2009年て、「崖の上のポニョ」が2008年ですから私も余裕で義務教育の真っ最中です。

あぁ、「崖の上」とか縁起でもないことを言ってしました。

 

私も大きな含み損を抱えてしまいました。(昨日も同じようなこと言ったけれど比ではないレベルに)

 

しかし、やるべきことは変わりません。

円高ということは、海外の資産を買うチャンスということでもあります。

米国株を中心に、外貨・債券などをコツコツと買い増し続けるのみです。

 

こんな状況でもオススメできるFX口座にはSBI FXTRADEが挙げられます。

1通貨、つまり4円から買い付けが行えるので先の見えない相場の世界では、こういった口座の存在が心の安定につながります。

 

 

退場だけは、あってはならない

大きな含み損を抱えると、相場をやめたくなります。

めっさ、わかります。

しかし投資をやめることで失う”可能性”を考えれば、止めるなんて選択肢はありません。

 

他に喜びを見出せる人、心安らぐ帰るべき場所がある人は帰ればいい。

帰るべき場所を持てるのはとても幸せなことだと思います。

 

しかし私を含め、そうではない人もいるはずです。

進むべき場所はあろうと、帰るべき場所のあるわけもありません。

 

一発の弾丸のような人生。

「誓い」を果たすためだけに、飛び続けます。

放たれた弾丸が主の元に帰るなど、そんな冗談があるはずもありません。