高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

2019年は激しい円高でスタート

 

あけましておめでとうございます【2019年開幕】

さあ、始まるざますよ

行くでガンス

フンガー!

 

…まともに始めなさいよっ!

まともに始められない理由、それは円高の影響です。

 

(昨日は、実に52日ぶりにブログを更新しないでみました。

51日も続けると連日で”書かないこと”に軽く勇気が必要でした。面白いものですね。)

 

 

円高でどえらいことになっている

私は豪ドルを買いグルトレで入っていますので、円安に向かってくれたほうが嬉しいです。

なぜうれしいのか、儲かるからです。

 

しかし、残念なことに相場はダダ下がり。悲しいです。

なぜ悲しいか、とても損を抱えるからです。

 

嘆いていても円安にはなりません。

冷静にチャートを確認してみましょう。

f:id:XmaS:20190102225151p:image

75円台、実に3年ぶりです。

トランプラリーとはなんだったのか。。。

 

まぁ、のんびり耐えますとも。

(でも、早めに助けてくれると嬉しいです。)

 

 

これだから勤め人はやめられねえっ…!

ぶっちゃけ、大きな含み損を抱えています。

 

こんなに大きな含み損を抱えているというのに、心穏やかに過ごすことができるのは私が「勤め人」であるお陰です。

 

少年ジャンプを読みながら

「給料日ー!!!!はやくきてくれっー!!!!」

とか

「私の含み損は53万です」

とか

「それでもボーナスなら…ボーナスならきっと何とかしてくれる…!!」

とか

独り言を言ってへらへらしていられるのは勤め人であるからです。

 

勤め人である限り、景気が悪かろうが、仕事で失敗しようが、企業は定期的にお金をくれるのだから天晴です。

マンスリーサラリーという甘いドラッグに、脳みそまで溶かされないように気を付けたいものですね。

 

いざ暴落に直面すると、セミリタイア後はFXはできないな、と確信します。

相場が強気に戻ってもこの気持ちを忘れないようにしたいです。