高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

【資産状況報告】2018年12月22日 ~高配当株のBTIとNGG、買うならどっち?~

今週の資産状況をまとめます

2018年12月22日

米国株
  • PM    13株
  • HSBC  27株
  • BTI    94株 (+36株)
  • RDS.B    38株
  • GSK     30株
  • IBM    10株
  • SO          25株
  • MO     39株
  • T      40株
  • XOM     29株
 
日本株
  • ソラスト   100株
  • スターマイカ 100株
 
FX口座(口座残高)
  • 2,023,088円 (確定益:+15,546円)

 

 

先週からの変化は、かっこ内に記載しております。

 

米国株

「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)」をワンショット(約1,120ドル分)購入いたしました。

このBTI、なんと利回り8.3%です。

しかも、米国株のネックである配当金の2重課税もありません。日本で課税される20.315%だけになります。

英国のタバコ企業であり、イギリスADRとしてニューヨーク証券取引所の上場しているためです。

 

 以下の記事以来の、2度目のBTI買い増しです。

「米FDRがメンソールたばこの禁止を決定した件」と、「世界的な地合いの悪さ」も合わさり、超絶下落中です。


www.everyday-xmas.work

 

NGGも高配当でADRですが…

実は、ナショナルグリッド(NGG)を買ってみようかと検討していました。

NGGも同じく2重課税のないADRで、超高配当企業だったからです。

 

NGGを買うべく、私はタイミングを計っていました。

大縄跳びに入ろうとする、運動が苦手な子のように、体を前後に「ビクンッビクンッ」とさせながら。

f:id:XmaS:20181222113214p:plain

そこに突然の大暴落。「いまだ!」 と縄をくぐろうとしたその時。

私の脳のキムタク的な部分が囁きました。

ちょ、マテヨ」と。

 

はい。待ちますとも。ダンディは慌てない。

落ち着いて情報を集めます。

どれどれどれ…

 

やはり不吉なニュースが届いていました。

内容を簡単に説明いたしますと、Ofgemというロンドンに本部を置く政府機関が、なにか言っています。

 

Ofgem「NGG含む電力会社諸君へ。一般の消費者のために、資本コストを下げよ。」

 

なるほど。つまり、「配当金を下げろ」という解釈でよいですね?

さすがイギリス。

「007シリーズ」でしかあなたのことを知りませんが、本当にドSですね。

だから私は「ミッション:インポッシブルシリーズ」のほうが好きなんです。

 

あぶないところでした。

小学校の大繩大会だと思っていたら、ギロチン台だったようです。

 

 

FX

  • 通貨ペア: 豪ドル/円
  • 子本体: 1,000通貨
  • サポート: 10,000通貨(
  • 口座: みんなのFX

 

豪ドル、とてつもなく下がってます。

 

グルトレは基本的にレンジ相場でその威力を発揮します。

チャリンチャリンと上下に揺れて、500円ずつ利益が入ってきて、スワップも少しずつ入ってきて、幸せですね。といった運用を目指しています。

 

しかし、今週は一方的な下落相場。

売り子本体」の利確のみが永遠と繰り返されます。

例えるなら、500円玉が額に向かって無限に投げつけられ、突き刺さりまくる感じで痛いです。

 

しかし、リピート系の長期運用においては、「含み損は未来の利益」です。

まだ運用開始から2週目。

含み損を眺めていたって減るわけではありません。

 

3連休ですし、ゆっくり読書でもして時がたつのを待ちましょう。

 

 みなさん、プレゼントはもう選びましたか?

 

みなさん、今年のプレゼントはもう決まりましたか?

私はまだなんです。

一体どんなものがお好みなんでしょうね?陛下。

 

…え?

クリスマスプレゼント?誰に?

なに浮かれたことおっしゃいますか。

 

男児たるもの、12月に買うプレゼントは天皇誕生日用一択!!

 

どうしてもクリスマスプレゼントが買いたいのなら、これ↓とかおすすめですけど。

 
www.everyday-xmas.work