高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

電車でおじさんが喧嘩してた話【通勤戦士!本当の敵は誰だ?】

f:id:XmaS:20181129221218j:plain

金持ち喧嘩せず

時間は資源

今日も満員電車に揺られ出勤しました。

 

人間たちがギュウギュウに詰め込まれる車内で、おじさんの背中を見つめていても時間がもったいないです。

私はいつも目をつぶってイヤホンを装着、経済に関するラジオを聴いたり、音楽を聴いたりします。

 

片道1時間30分、週に5回も往復すれば15時間です。

この時間を有効活用しない手はありません。

 

「15時間の思考」というものは、人生を大きく左右しうる時間だと思っています。

思わぬひらめきが、世界を揺るがすことになるかもしれません。

 

たかが通勤時間といって、つまらないことに時間を浪費してはいけませんよ?

時間は貴重な資源です。

 

仲間割れ

「(かっわいた~www風をかっらませ~♪

 あんなたを~♪ つ・れ・て・く・の・さ~♪

フフフ ふん ふ~ン♪)」

 

ドンッ!

 

・・・おや?

私が乾いた風をからませながら瞑想に耽っていると、何やら背中に圧力が加わるのが感じられます。

 

仕方ない、俗世間に意識を戻しましょう。まぶたをあげれば、一面に広がるおじさんの背中。

そうでした、ここは朝の通勤ラッシュのど真ん中でした。

 基本的に他人に関心がもてない私ですが、ふと、圧力を感じるほうに目を向けてみました。

 

なんということでしょう。

 

そこには信じられない光景が広がっていました。

おじさんと、おじさんが、喧嘩しているのです!

 

…え?なんで?

 

なるほどなるほど、おじさんがおじさんの足を踏んだとか踏んでないとか。

 

…え!?なんで!?どっちでもよくない?

 

朝から知らないおじさんと「踏んだ踏まない」のディベート合戦を繰り広げるだなんて…

低血圧な私は、たとえお給料が発生したってお断りです。

自分の貴重な時間を割いてまで、審判のいないディベートを繰り広げるなんてボランティアか町おこしの一環でしょうか。

 

一瞬ですが”他人”に貴重な時間を奪われてしまいました。不覚です。

さあ、自分の世界にかえりましょう。

 

…と、ブログを始める前の自分なら思っていたでしょう。

今の私は違います。ネタを、いただくッ。

 

「そこまでだァ!」

 

私は叫びました。(主に心の中で。)

 

 

本当の敵は誰だ?

私は心の中で、絶賛ディベート大会中のおじさんに語りかけます。

 

「チョ、マテヨ」と。

私たちは仲間じゃないですか。

「労働者」階層の人間をたっぷり詰め込んだ、この船に乗る仲間同士です。

 

金持ち喧嘩せず

 

みなさん、この言葉を一度は聞いたことがあるでしょう。

経済のピラミッドの上のほうにいる「資本家」たちが手を取り合い、更に豊かになっていく間に、

ピラミッドの下のほうにいる我々「労働者」は、残念なことに足を引っ張り合います。出る杭も打ちまくります。自分より上ではなく、下に何人いるか数えて自我を保とうとします。

もちろん、そんなことで自分を納得させられるはずもなく、不満がたまったおじさんが、他のおじさんにその不満をぶつけてしまうのです。

 

これは非常によろしくないスパイラルです。

 

本来手を取り合い上を目指すべきである我々が足を引っ張り合っていては、格差は広がっていくばかりです。

 

 

人生はエスカレーターを逆走し続けるようなもの

人は生きていくだけでお金がかかります。

言い換えれば、人生とは負債なのです。

 

前に進んでも進んでも、終わりが見えません。

なぜなら、進んでると思っているだけで、本当は進んでいないからです。

人生はエスカレーターを逆走しているようなものです。

 

経済学的にはラットレースと呼びます。

 

しかし、この人生のエスカレーター。

つらいのを我慢して一気に駆け登り上へ行くほど、流れは緩やかで、空いている、”快適なエスカレーター”へと変わっていくのです。

 

下のほうは大混雑です。

そりゃ、おじさんに足も踏まれます。一歩抜け出そうとすれば、妬まれ、誰かに足をかけられることもあるかもしれません。

 

一方、上のほうは空いているし、流れも穏やかなので、手を取り合い更に上を目指す余裕があります。

抽象的な言い方をしてきましたが、上のほうにいる人は「有価証券の配当金」であったり「不動産から入る家賃収入」がある人がほとんどです。

これら不労所得は、逆走するエスカレーターの速度を緩やかにする効果があるのです。

人生にレバレッジがかかった状態と言えるでしょう。

 

下のほうの人は、労働所得しか持たない人がほとんどです。

いってみれば、労働者は起業家が作ったビジネスモデルに一口乗らせていただいてる状態です。労働力の対価としてお給料をもらいますが、ビジネスの”アイデア料”は、資本家と経営者にすでに天引きされているということです。

 

 

…ふう、おじさんAとおじさんBに出会い、自分の人生の指針を、改めてはっきりとさせることができました。

 

ブログを始めたおかげです。

 

これからも、当ブログ『高配当株で毎日がクリスマス♪』をよろしくお願いいたします!

 

 

セミリタイアを目指す、他の投資家のブログも読んでみたい方は

下記リンクからどうぞ♪ とても勉強になります。

投資ブログ 投資でセミリタイア生活