高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

仮想通貨大暴落!!

f:id:XmaS:20181125215325p:plain

盛者必衰の理

仮想通貨、下がってますね。

過去最高値からの下落幅を見てみると、

ビットコインは80%以上、イーサリアムリップルは90%以上となっております。

 

まさに火葬通貨!!

 

いや、花葬通貨です!!!(ナッハ~ン

 

懐かしいですね。

いや、L'Arc〜en〜Cielの「花葬」「HONEY」「浸食~lose control~」のシングル3枚同時リリースの時の話ではなく、去年の仮想通貨の高騰の話です。

 

株では見ることのできないような高騰でしたから、正直興奮しましたね。

 

 

実は私も仮想通貨をさわっていた時期があります。

2017年の6月ごろ、リップルファクトムという2種類の仮想通貨を購入しました。

しかしたった7万円分しか買っておらず、約2倍になったところで満足して売却してしまいましたため、大きな恩恵を受けることはできませんでした。

 

 

そもそも何がための仮想通貨か

それぞれの仮想通貨が持つ、本来の使命や目的を理解して購入していた人はどれほどいたのでしょうか?

 

仮想通貨の夢

ビットコインは「国家や銀行に縛られない次世代の通貨」と期待されておりました。

事実、ブロックチェーン技術により、それは単なる机上の空論ではなくなっていました。

しかし、マネーロンダリングや脱税に利用されてしまう可能性もあり、次々と国家からの規制が始まったのは記憶に新しいです。

 

投機のための金融商品としか見ていない人々

仮想通貨がもっとも勢いづいていた2017年後期、私は大学生でした。

ある日、経済や投資等に全く関心を持っていなかった友人が「仮想通貨やってる?」と話しかけてきたときは驚きました。

仮想通貨を始めたから、チャートの読み方(テクニカル分析ですね)を教えてほしいというのです。

「そもそも、投資デビューに仮想通貨はクレバーではない。」ということを伝えても聞く耳を持ちません。

 

「御馳走するから教えてくれ」と頼み込まれ、しぶしぶ、池袋の居居酒屋へ連れていかれ、簡単な移動平均線の読み方を彼に教えました。

 

(そもそも仮想通貨に移動平均線を利用したトレードが通用するのかすら怪しいのですが・・)

 

居酒屋のお姉さん「ご注文は?」

 

私「アイスコーヒーくだs…

 

居酒屋のお姉さん「仮想通貨ですか!?私もやってます!!」

 

えーーー。。。

これはもう完全に「靴磨きの少年」のお話ではないか!?

私は数日以内に仮想通貨をすべて利確しました。

 

そして、居酒屋のお姉さんは、私のアイスコーヒーを持ってくることはありませんでした。

 

 

www.everyday-xmas.work

 

 

アルトコインの夢

ビットコインが高騰すると、ビットコインを持っていなかったことの機会損失を取り戻そうとするかのように、「ファクトム」「リップル」などのアルトコインに飛びついた人は多いと思います。

 

アルトコインにはどのような夢が託されていたのか、ふりかえってみましょう。

 

ファクトム

ファクトムは、「ブロックチェーンの技術で書類を上手に管理できたら、ウケない?」という通貨です。

いえ、通貨という表現は正しくないかもしれませんので訂正いたします。

プラットフォームです。

 

ブロックチェーンの2つの強みである「改ざんができないこと」「記録の匿名性が高いこと」をうまく利用しています。

公的な書類を、ファクトムのプラットフォームを利用し管理することができれば、便利な社会になるだろうと思い、私は投資していました。

 

 

リップル

リップルは、国際送金に適している通貨です。なにより、速い

SBIホールディングス社の北尾社長は、仮想通貨の中でも最もリップルを評価していましたね。SBI社は2016年に、米リップル社と合併会社「SBI Pipple Asia」を立ち上げました。

北尾氏の言葉で印象に残っているのは、「・送金 ・トレードファイナンス ・決済、支払い手段としての活用。これらを達成しないとファンダメンタルバリューはゼロになる」

という言葉です。仮想通貨の未来は、上記3点を達成することができるか否かにかかっているといえるでしょう。

 

で、そもそもリップルは中央集権的なネットワークで管理されています。

サーバーの運営はリップル社が行っているからです。

 

しかも、XRPの発行枚数1000億枚のうち、約6割はリップル社が保有している状態です。(これにはメリット・デメリットありますが。)

 

まさか「これからは自由な通貨、ビットコインの時代だ!」と目を輝かせていた方々はリップルを購入していませんよね??

 

 

終わりに

私は今、仮想通貨を購入しませんし、購入することを人に勧めることはないでしょう。

 

しかし、ブロックチェーン技術により社会が便利で豊かになることを願っています。

 

そういった意味で、本当に価値ある仮想通貨やそれを支える技術に出会うことができたのなら、

支援・応援のために、投機ではなく投資をしたいと考えています。

 

 

 

 

セミリタイアを目指す、他の投資家のブログも読んでみたい方は

下記リンクからどうぞ♪ とても勉強になります。

投資ブログ 投資でセミリタイア生活