高配当株で毎日がクリスマス♪

新卒1年目のサラリーマンが、クリスマスの朝のようにドキドキする毎日を目指す。米国高配当投資で「経済的自由」を求めるブログ。

MENU

日本創発グループを利確

日本創発、また会う日まで

私が非常に気に入っていた銘柄の1つ「日本創発G(7814)」を利確しました。

まだまだ保有し続けてよい銘柄であると思いますが…

米国株のために少しでも多くの資金が欲しい時です。

すまんな。

 

日本創発は2016年の11月に買い付けた銘柄なので、ちょうど2年間保有していたことになります。

 

2016年…当時私は大学3年生。

その年の流行語には「ゲス不倫」「アモーレ」など、ドロドロしたピンク色の単語が選出されていましたね。

 

まさに、日本創発は私にとって「アモーレ」銘柄だったと言えるでしょう。

 

  • 日本創発

       買 590円 →  841円

f:id:XmaS:20181112210333j:plain

 

日本創発グループについて

日本創発グループ(7814)を一言で表すと「なにがなんだかわからない会社」でした。

 

しかし、30社以上のグループ会社が集まるその姿、まさに「HD(ホールディングス)」!!

 

ある日Twitterを嗜んでいると、タイムラインに日本創発の新卒採用のプロモーションムービーが流れてきて驚きました。勢いを感じる企業ですね。

 

 

日本創発について最も印象に残っているのは「四半期配当」であるという点です。

 

米国株では一般的ですが、日本の銘柄で四半期配当はかなり珍しいといえるでしょう。

年間で同じ額の配当金を受け取るにしても、半年に一回よりも3か月に一回のほうが嬉しいです。(複利効果も期待できますしね。)

 

それに四半期配当銘柄を、配当月を一月ずつずらして購入すれば、たったの3銘柄で毎月配当を実現できます。セミリタイアの強い味方になりえるでしょう。

 

私は以前、同じく四半期配当であるリソー教育(4714)と組み合わせて、“ほぼ毎月配当”を実現していました。

 

旧東京リスマチックの頃から業績が良くとも悪くとも、淡々と四半期で6(年間24)ずつの配当を維持しており、安定感抜群の銘柄でした。

 

2017年から2018年にかけて、株価が急騰。

40%近い利益が乗っていましたので、複数回に分けて利確。

今回の売却で保有が0株になりました。

 

 

 

にほんブログ村 投資ブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村